« 復活の日 | トップページ | リハビリの結果と責任 »

2011年6月27日 (月)

旅の仲間

先月は車椅子の老夫婦の方と九州旅行をしました。

旅立つ前は若干の不安はあったものの、結果は大成功。

思い出に残る旅行となったようで、私自身胸をなで下ろしました。

その時に持って行って良かったモノなどを健忘録的に。。

まず、バッグ。旅行はこれがなければ始まらない? 今回はいざと言うときに両手を開ける意味でも、また、小回り良く動くためにも、マウンテンスミス社のランバーバッグを使用。

これは個人的には使いやすくて大好きです。

次に小型の自転車の空気入れ。当日使用した車椅子は地元で借りたモノですが、案の定、整備不良と老朽化でタイヤの空気がすぐに抜けます。ランバーバッグに横差しした、空気入れが大活躍。

次に小型のボール。電車内でふくらまし、腰痛対策やエコノミー症候群予防のため使用。

後はいつも持ち歩いている、フロス(歯間用の丈夫な糸ですな)。電車の中で動く車椅子を縛って固定したり、ガムテープとともに出番が多かったです。


九州では、旅館での入浴介助も経験したワケですが、浴室を貸し切ることができましたから、最小限のレイアウト変更で(更衣と洗身を行うベンチを浴槽横まで移動させる)難なくクリア。

それにしても九州新幹線のトイレは空間もたっぷりあり、使いやすかったです。あれなら、車椅子の方も旅行が行いやすいでしょう。

旅行中のご夫婦の満面の笑顔と、普段は見られないような食欲と活動意欲が印象的でした。

Img_1151

« 復活の日 | トップページ | リハビリの結果と責任 »

考えたこととかつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1371258/40574600

この記事へのトラックバック一覧です: 旅の仲間:

« 復活の日 | トップページ | リハビリの結果と責任 »